日本クマネットワークロゴ

新着情報NEWS

2020年度 助成活動募集のご案内(3月22日~4月15日)

日本クマネットワークでは,「JBN クマ基金」および「オンライン寄付サイト・ギブワン」などを活用して,会員が主導する諸活動の助成をおこなっています。 助成活動を以下の要領で募集しますので,希望される方は申請書に必要事項を記入してご応募くださ …続きはこちら

令和元年度のクマ出没から学ぶ~市街地への出没を防ぐための勉強会~」の開催を延期します。

 2020年3月14日(土)、新潟県庁西回廊講堂で予定していた緊急シンポジウム「令和元年度のクマ出没から学ぶ」の開催を延期します。  新型コロナウィルスの感染拡大が続き、流行規模を抑えるために様々な努力がなされていること、主催者として参加い …続きはこちら

市街地への出没を防ぐための勉強会

市街地への出没を防ぐための勉強会

 日本クマネットワーク(JBN)は、クマ類の保護管理を専門とする研究者や現場で活躍する専家・行政担当者を擁する団体です。  JBNは、今年度のクマの出没が、どんな状況で起きたの、どのような対応がなされ、現場で何に困ったのかなど、各地域の事例 …続きはこちら

シンポジウムのお知らせ「たったの16頭!? 四国のツキノワグマを絶滅から救うために」

シンポジウムのお知らせ「たったの16頭!? 四国のツキノワグマを絶滅から救うために」

 ツキノワグマは本州だけでなく,四国にもいることをご存じですか?  四国のツキノワグマの推定生息数はわずか16~24頭と絶滅寸前でありながら,保護対策が遅れています。四国はツキノワグマが暮らす世界で最も小さな島でもあります。この四国のクマを …続きはこちら

2018年度のクマ事情【BEARS JAPAN Vol.19 no.3 から抜粋】

2018年度のクマ事情【BEARS JAPAN Vol.19 no.3 から抜粋】

 「2018年度のクマ事情」を掲載します。この記事は日本クマネットワークの会報誌に毎年掲載しているものです。JBNの各地区委員より、①堅果等の結実(豊凶)の状況に加え、②出没、③捕獲、④人身事故の「多寡」や「特筆すべき状況」等をご報告いただ …続きはこちら

シンポジウムのお知らせ「四国のツキノワグマが絶滅しそうー私たちにできることって何だろう?-」

 絶滅の危機にさらされている四国のツキノワグマ、絶滅を回避するため私たちができることは何でしょう。日本クマネットワークでは、2019年1月に「四国のツキノワグマが絶滅しそう-私たちにできることって何だろう?-」と題したシンポジウムを開催しま …続きはこちら

JBN学生部会主催イベントのお知らせ

以下のような内容で学生部会によるイベントを開催いたします。 たくさんのご参加をお待ちしています。   【イベントタイトル】 これからのクマの話をしよう ~みんなで考えるクマ問題~   【日時】 2018年10月8日(月・ …続きはこちら

2018年度総会開催のご案内(会員対象)

日本クマネットワーク2018年度総会を下記日程にて開催致します。 会員の皆様にご参加頂けますよう、お願い申し上げます。   開催日:2018年10月7日(日) 午前9時〜12時 場所:秋田市文化会館 第七会議室

新着情報NEWS

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ