日本クマネットワークロゴ

JBN学生部会主催イベントのお知らせ

以下のような内容で学生部会によるイベントを開催いたします。

たくさんのご参加をお待ちしています。

 

【イベントタイトル】

これからのクマの話をしよう ~みんなで考えるクマ問題~

 

【日時】

2018年10月8日(月・祝)10:30-15:00(昼休憩11:30-12:20)

※午前・午後どちらかでも可能です

 

【対象】どなたでも

 

【参加費】無料

 

【申込】

要予約(下記URLあるいはチラシのQRコード、メールアドレスからご登録ください)

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfojw4s_rFgdV9aVvcDGvO3972-gInehx15F8zBP02goJ9CDQ/viewform?usp=sf_link

 

【共催】岩手大学ツキノワグマ研究会

 

【開催概要】

近年東北地方は、クマによる人身事故が多発しています。特に開催地である秋田県では、日本で最もクマによる人身事故が起きているだけでなく、クマによる農作物被害も多数報告されています。こうしたクマと人の軋轢を解決するためには、研究者や農家、行政など様々な立場の人々が協力しあうことや、一般市民が問題意識を持ち高い関心を持つことが必要ですが、そのきっかけとなる場が少ないのが現状です。

数少ない「きっかけとなる場」として、研究者や一般市民など様々な立場の人々が語り合う「クマを語る集い」が東北地方で20年以上行われてきました。しかし、「クマを語る集い」は昨年度をもって終了し、人々が東北地方のクマ問題について語り合う場がなくなってしまいました。

そこで本企画では「クマを語る集い」の精神を引き継ぎ、さらに学生ならではの立場を生かし、東北地方のクマ問題について研究者や学生、一般市民など様々な立場の人が語り合い交流する場を設けることにしました。今回のイベントを通じて、東北地方のクマ問題を解決するために、私たちが考えるべきことを気づいていただければ幸いです。さらに、東北地方だけでなく全国のクマ問題を考えるきっかけを人々に提供したいと思っております。

 

【プログラム】

10:30~10:35 初めのあいさつ・開催趣旨説明

10:35~11:00 問題提起―東北のクマ事情まとめ

11:00~11:30 アイスブレイク

11:30~12:20 ワークショップ①:クマとの遭遇事故…それって偶然?

12:20~13:10 昼食 休憩

13:10~14:10 ワークショップ②:クマによる農作物被害に切り込む!

14:10~14:30 岩大の猪去事例紹介―成果と課題― 

14:30~15:00 締めのことば・アンケート記入

※プログラム内容は変更する場合がございます

 

新着情報NEWS

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ