日本クマネットワークロゴ

「四国のクマ・絶滅へのカウントダウンを止めるために」開催のお知らせ

 四国に残存するツキノワグマ集団は,本州の状況と異なり,極めて危機的な状況にあることが分かっています。このままでは,九州に続き四国からもクマが姿を消す日は遠くないことが懸念されます。JBNではそのより詳細な実態把握のための調査を,四国自然史科学研究センターおよびNACSーJと協働で開始しました。一方で,四国のクマを絶滅させずに回復させるための具体的方策についても,並行して検討していくことが緊急の課題としてあげられます。

 

 このシンポジウムでは,同様に絶滅のおそれのある個体群を抱える,韓国および台湾での保全のための国家的取り組みを紹介しながら,今後の四国の保全の方向性について議論いたします。

 

開催日時:2018年5月27日(日)10:00-17:00 

開催場所:東京農業大学アカデミアセンターB1F 横井講堂(世田谷キャンパス)
主催:日本クマネットワーク(JBN)
共催: 認定特定非営利活動法人四国自然史科学研究センター、公益財団法人日本自然保護協会(NACS-J)、東京農業大学

参加費無料

新着情報NEWS

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ