日本クマネットワークロゴ

JBNクマ基金・ギブワン助成事業FUND

 JBNクマ基金(JBN Bear Fund)は、JBN会員ならびに一般の方からの寄付金を原資にした基金で、日本クマネットワーク会員が日本国内の各地域で行う、人とクマに関わる調査研究、教育・普及啓発ならびに保全・保護管理のための事業への資金援助を目的としています。

 ギブワンによる助成事業は、オンライン寄付サイト・ギブワンを通じて寄付を提案している「クマと人とが共存するために:トラブル防止プロジェクト」の趣旨に沿った活動を行う日本クマネットワーク会員へ資金援助を行います。

 

ギブワンサイト

 

※助成活動の募集に関する条件は年毎に異なりますので、詳細は応募年の募集案内を確認ください。

 

 

応募資格

 申請者と事業代表者はJBN会員に限ります。ただし、申請者と事業代表者は、当該年度までの会費を全て支払っているJBN会員に限られます。

 

助成額

 1件10万円を上限とします。

 

採択数

年間数件とします。なお、ギブワンを使用した助成事業については、寄付金が10万円集まるごとに1事業に助成されます。

 

採否の決定および事業の実施

 以下の手順に沿って審査および助成金の交付が行われます。

 

  1. 申込期間において希望者は申請書を事務局に提出。
  2. 申請書類をもとにクマ基金委員会および代表・副代表で採否と助成額を決定。
  3. 決定日までに採否を通知。
  4. 助成事業の開始時期にあわせて助成金を仮払金として指定口座に振込。
  5. 原則として事業開始時期から同年度の3月末までの期間内に事業を実施する。
    年度をまたぐ場合には事前に事務局と打ち合わせる。ただし、新しい年度になって2ヶ月を超えることはできない。

 

成果報告および注意事項

 以下の注意事項を参照の上、事業終了後、速やかに報告書と会計報告を提出してください。

 

  1. 原則として翌4月末までに報告書(別紙)と会計報告(全てについて領収書をつける)を提出。
  2. 提出後、クマ基金委員会で報告書と会計報告をもとに助成額の最終承認が行われます。報告に不備がみられた場合には助成額の削減または取り消しとし、返金を求める場合があります。
  3. 本事業による成果をJBNニュースレターおよびホームページなどにて公開していただきます。その際、写真数点と事業概要の提出を求めることがあります。
  4. 本事業について成果発表する時にはJBNの支援および該当の助成(クマ基金もしくはギブワン)を受けた旨を記載して下さい。

 

採択結果

2016年度

ギブワン 大都市札幌における生物多様性に配慮したヒグマの出没防止対策の実践
申請者 中村秀次(浦幌ヒグマ調査会・会員)
助成額 10万円
主な活動場所 札幌市

 

2015年度

ギブワン クマトランクキットの作成
申請者 小池伸介(東京農工大大学院・講師)
助成額 10万円
主な活動場所 全国

 

2014年度

JBNクマ基金 金沢大学角間キャンパス内ツキノワグマ・モニタリング調査
申請者 笠木幸枝(金沢大学里山里海プロジェクト)
助成額 5万円
主な活動場所 石川県金沢市

 

2013年度

JBNクマ基金 紀伊半島におけるツキノワグマの行動観察と生息確認
申請者 六波羅聡(紀伊半島ツキノワグマ研究会、NPO法人サルどこネット・会員)
助成額 5万円およびセンサーカメラ5台の貸与(地球環境基金事業から)
主な活動場所 紀伊半島
JBNクマ基金 人とクマのつながりから取り組む環境教育
申請者 森正惠(人とクマをつなぐ会事務局)
助成額 5万円およびトランクキットの貸与
主な活動場所 兵庫県北西部
JBNクマ基金 夏期のツキノワグマの行動特性、及び主要食物としてのアリ類の環境別資源量~新たな野生動物追跡システムを適用した環境利用の解析~
申請者 安江悠真(岩手大学大学院 農学研究科)
助成額 5万円
主な活動場所 岩手県遠野市

 

2012年度

JBNクマ基金 クマはいるのか、いないのか?自動撮影装置を用いたツキノワグマの分布調査
申請者 後藤優介(立山カルデラ砂防博物館)
助成額 20万円
主な活動場所 祖母傾山地(大分県・宮崎県)

 

募集案内および申請書

2017年度

クマ基金およびギブワンによる助成活動募集のご案内(PDF)(2017年度)

JBNクマ基金申請書(2017年度)

活動内容WORKS

ページトップへ