日本クマネットワークロゴ

BEARS JAPAN Vol.3 no.2

BEARS JAPAN Vol.3 no.2

No.2 Aug. 2002

This number

狩猟可能な個体数の保全を求めて!14年度クマハギ防止実験報告書

発行日:H14.8.20

目次:

People 土屋泉・・・19

This number
狩猟可能な個体数の保全を求めて! 14年度クマハギ防止実験報告書
社団法人桐生猟友会 会長 岩崎國廣・・・20

Field mote
クマとの共存の試み
-カナディアンロッキーマウンテン クマの橋― 長谷川明子・・・24

Letters from
林業の現場から  前田紀敏・・・27
択捉島生態系専門家交流団に参加して 片山敦司・・・28
択捉島の子供たち 佐藤喜和・・・29
東中国クマ集会の活動 望月義勝・・・31

Research article
大雪山国立公園におけるエゾヒグマの採食行動の要素分割
―採食行動の観察ポイントー
伊藤勇樹・前野華子・萬屋宏・片渕正志・佐藤喜和・・・33

事務局より・・・36
編集後記・・・36

バックナンバーについて

BEARS JAPANのバックナンバーは会員に限り、事務局にて販売しております。数に限りがありますので、在庫切れの場合はご了承願います。
価格は、1部500円+送料です。詳細は事務局までお問い合わせください。

ライブラリーLIBRARY

ページトップへ